HOMEスタッフブログブログ > 6月ですね
スタッフブログ

6月ですね

6月いらすと

6月になりました

 

九州北部地方も梅雨入り・・・

 

梅雨って本当にやな季節ですよね

 

雨や曇りの日が多く何となく気分も憂鬱になりがち

 

そんな季節だからこそのカビ対策を怠ると大変なことになりかねません

 

そうなる前に今回は

 

下駄箱のカビ対策について少しご紹介したいともいます

 

 

梅雨時の下駄箱

靴箱

多くの場合下駄箱は

 

玄関付近にあって、

 

外から近い分、湿気の影響を

 

受けやすい場所です。

 

また、下駄箱の戸は

 

開閉も少なく風が流れる機会も

 

少ないため湿度も高くなりがちです。

 

そこに雨でぬれたり

 

湿り気のある靴や

 

汗で蒸れたままの靴を

 

入れたら・・・

 

たちまちカビの餌食なんてことに

 

なりかねません。

 

もちろん不快な匂いも

 

発生します

 

お気に入りの靴をカビから守る

 

にはどうしたらよいでしょうか

 

 

<湿気対策をする

 

湿気対策のためには風通しを良くして乾燥状態を作るのが一番です。


出かけるときや夜に戸を開けておくだけでもかなり効果的です。


あとは食品などについている乾燥材を利用する方法もあります

 

みなさん こういった乾燥材はどうされていますか?


からの箱や袋とともにゴミ箱へ……


いえいえ それはとってももったいないです。


食品などが入ってたぶん最初よりは乾燥力が弱まっているとはいえ

 

まだまだ使えます。


ぜひとも100均などで売っている瓶やかごなどにこの食品用乾燥剤を

 

ためてとっておいてください。

 

ある程度たまったらこれまた破れたストッキングなどに入れて

 

切り口を縛り靴の中に入れてみてください

 

靴の中に入れておくと靴を履いた後の蒸れを吸収してくれますよ。


わざわざ市販の靴用の除湿剤を購入しなくても食品用の乾燥剤で

 

十分用が足りるし節約にもなりますよ

irasuto_1

また普段からかごなどに小さく

 

割った竹炭を入れておくと

 

除湿だけでなくいやな匂いも吸収

 

してくれます。

 

炭には調湿効果があるため

 

どの炭を使ってもある程度の

 

効果が得られますが

 

備長炭よりも竹炭のほうが

 

5~7倍の除湿性があり

 

お値段も備長炭の1/3ぐらいで

 

手に入るので

 

こちらのほうがおすすめです

 

竹炭はとてもよく湿気を

 

吸収してくれるので2か月に

 

1度は外に出して陰干しして ください。

 

このようにすれば

 

何度でも繰り返し使えて

 

とても経済的です

お問い合わせはこちら
一覧に戻る
PAGETOP